本文へスキップ

福祉住環境コーディネーターまるごとガイド、福祉住環境コーディネーターの仕事と資格について

福祉住環境コーディネーター/福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターの資格と仕事

福祉住環境コーディネーターまるごとガイドへようこそ
福祉住環境コーディネーターでは、仕事や資格取得などについて解説しています。
より一層重要性が増しつつある「福祉住環境コー ディネーター」
この機会に学んでみませんか?

福祉住環境コーディネーターの主な仕事


■福祉住環境コーディネーターの仕事
■福祉住環境コーディネーターの職場


■ 介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネジャーとの連携
■ 福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供
■ 福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
■ バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームにおけるコーディネート
■ その他、自宅リフォームやボランティア活動でも活躍


福祉・医療サービスや建築、保健などの幅広い専門的知識を活かして、各専門職と連携をとりながらバリアフリー住宅の新築や住宅改修プランを作成します。

そのほか、介護用品や福祉用具、家具などの選択や利用方法についてアドバイスをしたり、依頼者の経済的な事や身体状況などを考慮して、福祉・保健サービスなどの情報提供なども行います。

高齢者や障害者が、できるだけ介護を必要とせずに自立できるような生活環境であるとともに、介護側の体力面や精神面での負担も軽減できるような環境を提案する事が大切です。

また2001年1月には厚生労働省から、介護保険で住宅改修費の助成を受ける際の理由書作成を、ケアマネジャー、作業療法士とともに、2級取得の福祉住環境コーディネーターにも認めるという通達が出ました。

簡単に言うと、こういう理由でバリアフリー化のためにこんなリフォームが必要だから、介護保険を使わせてください、という理由書を、福祉住環境コーディネーターも書けるようになったということです。

まだ通達が出てからの日も浅いので、福祉住環境コーディネーターに理由書作成を認める自治体が増えていくのはこれからですが、今後、活躍できる道筋はできつつあると言えます。




◆人気!!資格取得講座◆