本文へスキップ

福祉住環境コーディネーターまるごとガイド、福祉住環境コーディネーターの仕事と資格について

福祉住環境コーディネーター/寝たきりゼロへの10か条

福祉住環境コーディネーターの資格と仕事

福祉住環境コーディネーターまるごとガイドへようこそ
福祉住環境コーディネーターでは、仕事や資格取得などについて解説しています。
より一層重要性が増しつつある「福祉住環境コー ディネーター」
この機会に学んでみませんか?

寝たきりゼロへの10か条


わが国は、いまや平均寿命80 年という世界最長寿国になりました。

やがては国民の4 人に1人が高齢者という、高齢社会が訪れます。

この高齢社会を、国民が健康で生きがいを持ち、安心して生涯を過ごせるような明るい活力のあるものとしていくために、厚生省は1991 年に、「寝たきりゼロへの10 か条」を発表しました。


第1条脳卒中と骨折予防寝たきりゼロへの第一歩

寝たきりの原因の約半分を占める脳卒中と骨折を予防することがまず大切です


第2条寝たきりは寝かせきりからつくられる過度の安静逆効果

ちょっとした風邪やケガから寝こみがちです
寝たきりを防ぐために安静期間はできるだけ短くしましょう


第3条リハビリは早期開始が効果的始めようベッドの上から訓練を

リハビリテーションは、早く始めれば始めるほど機能回復が見込まれます


第4条暮らしの中でのリハビリは食事と排泄、着替えから

家庭でもリハビリが大切です
日常生活での基本的な動作を体が動かせる範囲で行いましょう


第5条朝起きてまずは着替えて身だしなみ寝・食分けて生活にメリとハリ

寝込んでいても身だしなみを整え、生活にメリハリをつけましょう
活動的な生活への動機付けになります


第6条「手は出しすぎず、目は離さず」が介護の基本自立の気持ちを大切に

時間がかかっても、自分のことは自分で実行してもらうように配慮しましょう


第7条ベッドから移ろう移そう車椅子行動広げる機器の活用

特殊ベッドやポータブルトイレなど各種機器を活用しましょう


第8条手すり付け段差をなくし住みやすくアイデア生かした住まいの改善

転倒事故を防ぐために、安全で住みやすい住環境に改善しましょう


第9条家庭でも社会でも喜び見つけみんなで防ごう閉じこもり

何もしないで家の中に閉じこもっていることは寝たきりの前兆です


第10条進んで利用機能訓練、デイサービス寝たきりなくす人の和、地域の和

地域で行われえているさまざまな保健サービスや福祉サービスを
積極的に利用しましょう



◆人気!!資格取得講座◆